×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

海外からでも受講可能な日本語教師養成講座

日本語を教えることができますか!?

現地のお友達や知り合いから「日本語教えて」とか「日本語の先生募集してるよ。やってみれば?」などと言われたことはありませんか?

日本人の私たちとしてみれば、日本語はいつも使っている言葉なので、「うん、いいよ」「もちろん!」などと軽く答えてしまい、後に「意外に日本語を教えるのは難しいなぁ」「え!?そんなこと聞かれても答えられないよ」と思ってしまう経験は、海外に住んでいる日本人には一度や二度あるのではないでしょうか?

それもそのはず。生まれたときから日本語の環境で育ってきた私たちにとっては意識せずとも当たり前のことも、これから日本語を勉強しようと思っている外国人たちにとっては「なぜ?」「どうしてこうなるの?」と疑問なことでいっぱいの世界なのです。

そこで日本人の私達が、「じゃあ、外国人に日本語を教える方法を学ぼう」と思っても、すでに海外に渡ってしまっていて、関連書の入手が困難だったり、現地に日本人教師養成講座があっても、現地人対象なので求めるものとは違ったりして、なかなか思うように情報収集が進みませんよね。

アルクの日本語教師講座

ところで、「アルク」ってご存知ですか? 日本にいたときに新聞などで「ヒアリングマラソン」等の英語学習プログラムの広告を見かけていたことがあったかもしれませんね。そのアルクが日本語教師養成通信講座を開設しているのです。

「日本語教育能力検定試験」合格を目指した本格的なコース「NAFL日本語教師養成プログラム」と「今すぐにでも日本語を教えたいんだけど、あまり知識がない」という方におすすめの「日本語の教え方 短期実践講座」があります。もちろん海外からの受講も可能ですので、興味があったらぜひ詳細事項をご覧になってみてください。